吉田松陰

https://plaza.rakuten.co.jp/jigen2012/diary/201207010000/

2012.07.01
XML

  

カテゴリ:カテゴリ未分類

http://www.mumyosha.co.jp/ndanda/04/bakumatu10.html

創造主と共に歩む5次元の存在に尋ねたところ、

玉木文之進のスパルタ教育が、テロリスト吉田松陰を創り上げたそうです。

プチャーチン吉田松陰は暗殺しようとしたが、既にプチャーチンは長崎を去っていた。

ロシアに吉田松陰が渡りたいなら、間宮林蔵が大陸に渡ったコース

蝦夷地から樺太に渡り、樺太から大陸に渡れば良いのです。

大黒屋光太夫と同じく、ロシアの首都に行けば良いのです。

 吉田松陰はロシアに行こうとはしなかった。

吉田松陰の目的は、プチャーチンの暗殺だったのです。

吉田松陰は翌年には、ペリーを暗殺しようとしました。

>3月、松陰は、足軽金子重輔と二人で、海岸につないであった漁民の小舟を盗んで旗艦ポーハタン号に漕ぎ寄せ、乗船した。しかし、渡航は拒否された。二人が船上にいる間に、二人の荷物を乗せたまま小舟は流された。そのため、しかたなく、松陰は幕府に自首した。

ペリーの暗殺に成功したとしても、アメリカが不名誉な出来事を隠蔽する可能性が有ります。

それで、吉田松陰は荷物を小舟に置いて流されても良い状態にしたそうです。

吉田松陰の売名工作の一つだったのです。

 旅人は、荷物を背負うものです。